スマホでオンラインダイエット

炭水化物ダイエット

炭水化物は人間に大切な栄養素ですが、毎日の生活の中で過剰摂取している人も多いものです。毎日大もりのご飯が欠かせない、おやつにもパンやケーキ、夜食に麺類なんて食生活の人などはこの傾向が強いです。

そんな人に低炭水化物ダイエットは向いています。低炭水化物ダイエットのメニューは、その名の通り炭水化物を減らすことが基本です。

ですが麺やご飯、パンを抜けばいいと安易に考えていれば大間違いになります。実は糖分の多いメニューも良くないので、果糖たっぷりの果物、甘い飲み物やお菓子も禁物です。

低炭水化物ダイエットにオススメな食材は、野菜、肉、魚、卵、大豆食品です。主食は我慢しなくてはいけませんが、おかずは比較的自由に食べられるのがいいですね。

ただし、甘い芋類はNG食材です。しかし、炭水化物を制限しすぎるとリバウンドしやすい、低血糖などのリスクもあります。

完全に炭水化物を食べなくするのではなく、全体の量を減らすなどした方が続けるのも楽ですし栄養バランスも崩れにくくて済みます。

中年のダイエット方法 食事

ダイエットと聞くと、まず食事制限を思い浮かべる方が多いです。そしてお腹が気になってきている方はまず食事制限から始めてしまうケースがこれまた多いと思います。

若者が安心というわけではないですが、食事制限のダイエットは中年のダイエット方法としては適していません。

体重が落ちないという意味ではなく、中年になると、骨や筋肉といった生きていく上で必要なものも同時に落ちてしまう可能性があるのです。

これは、年齢を重ねると筋肉は自然に落ちてしまうことと関係があります。何もしなくても落ちるのですから、制限をかけたら余計に落ちてしまうというわけです。

中年のダイエット方法としては、食事制限は間違ったダイエット方法といえます。いたずらに寿命に影響を与えるダイエット方法は必要はありません。

むしろ逆で、筋肉は落ちるものだからこそ、筋肉を増やして代謝を増やすのが中年のダイエット方法としては適切になります。

ですので中年のダイエット方法は食事ではなく筋力をつける運動が適していると覚えておきましょう。


意識を変えないと意味がない。出張・店舗型パーソナルトレーニングジム【Lyubovi】

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP