スマホでオンラインダイエット

炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットとは炭水化物を抜くというダイエット方法ではありません。炭水化物ダイエットは、炭水化物の量をコントロールするダイエット方法です。

炭水化物の量を減らすことによってダイエットに成功させるという方法です。

炭水化物ダイエットは食事の量は減らさなくてもいいのです。淡水物を摂取する回数を減らせばいいだけです。

1日に1回炭水化物を摂取することにして、食事をする時間を一時間以内にすればダイエットに成功します。

炭水化物を好きなだけ食べることができる時間は昼でも夜でもいつでもいいので、記念日だったり外食の席でも一人我慢をする必要はないので、臨機応変に対応させればいいのです。

自分に制限をしたり、十分な満腹感も感じられないようなダイエット食品を使って何日も我慢をしなくてもいいのです。


神戸専門店のスイーツ神戸ワッフルセット

炭水化物ダイエット リバウンド

炭水化物ダイエットはリバウンドしないダイエットです。1日に1回は好きなもの好きなだけ食べることができて、それでも体重は減りますし、体重は長期間維持できます。

短期間で極端なダイエットをしてやせる方法とは違って無理のないダイエットなのでリバウンドも少ないのです。

しかし万人向けではありません。炭水化物が好きな人に向けたダイエットですので、これまで炭水化物を取らなかった人が炭水化物ダイエットをしても効果はそれほど感じられないでしょう。

炭水化物ダイエットのメニュー

炭水化物ダイエットのメニューとしては、朝昼晩、主食は1回だけ好きなものを食べてもいいのですが、それ以外は炭水化物をできるだけ制限するようにしましょう。

白米や食パン、麺類は避けなければいけません。例えば白米なら玄米に、食パンならライ麦パンに、ラーメンやパスタは控えるようなメニューにしていく必要があります。

炭水化物ダイエット中はこれらのメニューをしっかりと守るようにしてダイエットがスムーズに続けられるように、無理なく意識しながら食事を選ぶといいでしょう。

炭水化物ダイエット 朝食

炭水化物ダイエットのメニューですが、炭水化物を抜くのがこのダイエットの基本です。完全に抜くことは難しいと思いますので、低炭水化物を心がけると長続きします。

低炭水化物ダイエットをして3ヶ月で10キロ以上ダイエットに成功した人もいるのです。

朝食のレシピですが、パンの人は普通の小麦粉を使ったパンではなくてライ麦などで作られたパンを選ぶといいでしょう。

ライ麦パン、牛乳、卵焼きとフルーツを用意しましょう。食べる順番としてはフルーツから食べるのがお勧めです。

そして和食の人は、白米から玄米にチェンジしましょう。玄米、味噌汁、焼き魚、海草サラダなどを食べます。

海草サラダを最初に食べるとおなかがいっぱいになりますので、食べ過ぎ防止になります。

炭水化物ダイエット 昼食

炭水化物ダイエットの昼食のメニューですが、昼食は普通に炭水化物を食べてもいいでしょう。

パスタやサラダなどのランチ、カレーライスなどがいいと思いますがカレーライスがもし白米だった場合は半分残すことを心がけましょう。

そして玄米に選べるなら玄米を選ぶことをお勧めします。またお弁当を作っている人はお弁当のご飯を玄米にするといいでしょう。

おやつが食べたくなると思いますが、おやつを食べたいと思った場合にはヨーグルト、フルーツなどを食べるといいでしょう。


ケフィア豆乳ヨーグルトスターターセット

炭水化物ダイエット 夜ご飯

夜ご飯は軽めがお勧めですが、どうしても満腹感を求めてしまうと思いますので、玄米をそのまま食べるよりリゾットにするとボリュームが増えるので満腹感を実感できるでしょう。

野菜スープと冷奴、そして玄米のリゾットなどを用意すると無理なく我慢せずにダイエットをすることができます。

またダイエット鍋もお勧めです。鍋は基本的に野菜中心ですので、鍋料理を毎日飽きないのであれば食べていればダイエットにつながります。

鍋のしめといえば雑炊ですが、このときの雑炊も白米ではなく玄米を選びましょう。玄米のほうが健康にもいいのです。

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、ルールを守って炭水化物をコントロールして食べることでダイエットに成功させるというダイエット方法です。

炭水化物を一切抜くのではなくて低炭水化物にしますので、お米もパンもやめる必要はなく、ボリュームがある食べ物を食べながらリバウンドなしのダイエットを続けることができるというダイエット方法です。

基本的には2週間飲み行うダイエットなので、2週間なら誰でも続けることができるのではないでしょうか。

この低炭水化物ダイエットには三つの約束があります。メニューを守って三食食べること、主食の炭水化物は決まった量を食べること、間食せずに夜20時以降は食事をやめること、これが炭水化物ダイエットのルールです。

低炭水化物ダイエットのメニュー

低炭水化物ダイエットを成功させるためにはメニュー通りに食事をしなければいけません。それが最大のポイントになります。

お菓子などの間食は辛いかもしれませんが2週間のダイエット中は我慢をしておきましょう。

そして朝は和食か洋食から選びます。昼は主食の量を守っていれば自由に食べてもいいでしょう。夜ご飯のメニューはメインのおかずとサブのおかず、そしてご飯は100グラムにとどめます。

1回の食事で炭水化物ダイエットで食べてもいい量はお米なら100グラム、そして食パンなら6枚切りの食パンを1切れです。

パンを食べるときはバターなど何もつけないようにしましょう。炭水化物をすべて抜いてしまうのではなくて、三食きちんと食べますが、具が高カロリーなパスタ、カロリーが高いラーメンなどは食べないようにしてダイエットを続けます。

食べてはいけない炭水化物として、そば、うどん、オムライス、チャーハン、パスタ、ラーメンがあります。

そして砂糖も炭水化物ですので、クッキーやケーキ、チョコレート、ドーナツも食べてはいけません。


YOGA PLUS

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP